IMG_3818



近々オープン予定の(・・・といってもまだまだ先だけど。)


Dark Soul Gothic Metal "Ashley" (アシュレイ)




ずっと以前、アシュレイという孤独な女の子の夢を見て、


いつか彼女をモチーフにした楽曲を作ろうと思い、


そろそろ生んであげたいなーっていう気持ちが強くなったので、



今、一生懸命作曲と作詞をしています^^




これは、おそらくもう最後になるであろう完全オリジナルバンドで、


ダークソウル・ゴシックメタルっていうサブタイトルをつけたくらいだから、


方向性としてはもちろん激病んでる系(笑)なのですけども、


私はもう、年齢的にも立場的にも、あまり暗い気分にはなれないので、


正直、この手の作曲が難しいです(じゃあすんなよ。笑)



というのも、病んでる系は、自分の中の病んでるであろう部分を


日常的に掘り起こすことになってしまいますから、


脳というのは見えてる世界への一貫性を保とうとしてしまい、


本当に病んでしまうこともあります。



ある意味、自分なりの挑戦といいますか、


日々の生活の中で悩んでしまったり、孤独になったりなど、


自分の思い通りにならないことなんてのは当たり前のようにあるものなのですが、


そんな中、一番大切なのは、


『なるべく早く自分をしっかり取り戻すこと』


だと、やはり感じてしまいます。。


そうなってしまった時に、「ではいかにして自分を取り戻すか?」なんですけども、


その都度方法は変わるし、これ、、、なんてのもないのですが、


実際自分が思っているほど、世の中って自分に関心を持っているわけでもないし、


自分のことは自分ですればそれでいい、っていうのもたくさんあるわけで。



女、だけに限らず、一番病みやすいときは何といっても、



「さみしさ。孤独。」を感じたとき。



やってることや考えの理解が得られないのはまだいいとしても、



自分が周りから無関心の対象になっていると思ってしまったときが



一番辛いわけです。



何もしてないのに、ただただ悪いことをしているかのような気分になりますから。



そして何かをしようとしたとき、何かを得なければならない時


そんな時に、リーダーシップが必要な場面っていうのが


たとえリーダーでなくとも、多々あります。。


この時に辛いのは、無言の責め。



無言の責めというのは、相手が自分をどう捉えているかを考えすぎてしまったとき、


つまりは見られ方を意識してしまっている時、ですね、


起こってしまいます。



見られ方を意識してしまっている時に起こっていることは、



自分は正しいことをしているのか、


それとも間違ってしまっているのか、


それが自分でもよくわかっていない時かな。。



たぶん、正しいことなんていうのは人の数の分あるわけで、


それぞれが正しいこと、もしくは正しいかも知れないと思いながら


日々暮らしているわけですから、そんな中、


誰にでも通じる正しさなんていうのをいくら追い求めて理解を得ようとしても、


結局は何も出来ないのね、、、。



そしてまた自己嫌悪。







そうそう。



周りになぜか人気がある人っていません?



そういう人って、なんとなく表情・・・表現が豊かです^^



私は残念ながら表情がかたいですw



写真など見てもらうと分かるように、ほとんど笑ってないです。



笑えない、といいますかw



気心知れた仲間の中ではそんなことはないのですが、



基本、構えてしまいます。。。



侍か忍者になればよかった。



(似たようなものですが。)




努力はしてるのですが、出来ないものは出来ないので、



これまた難しいんですけどね(´・ω・`)



かと言って「ど・ストレート」だと相手が今度は困るみたいだし、



あんまり駆け引かれると今度は一人でさっさと行ってしまったり。




だから人気者って憧れます。というか、憧れてました。



人から好かれても、自分のしたいこともやってる、そんなところ。




こんな風になれるにはどうすればいいんだろう?って



そう、いつも考えていたのですが、



いつしか自分なりのやり方でもいいのかなって、



思うようにもなりました。






最近思うんですね。



元に戻りたくはなかったのですが、



元に戻るのも、それはそれでいいのでは?と。



これが「あきらめ」かどうか、



人によってはそう見えるかも知れないけど、



私がそうではないと思えるのなら、それでもいいと思うんです。




人によって・・・つまり、勝手に期待を背負っちゃってる感じ。



この人が背中を押してくれているから、



その期待には応えたい、、、、って、それだけで生きていける気がしましたが、



どうやらそうではないみたい(笑)



声かけも、その人の優しさや力強さに感じることもあれば、



そうでない時もあるし。



・・・まこと、複雑である。






でも。






もうめんどくさい。。








生きていくのもしんどい。。。









もう。。。いや。。。疲れた。。。












って、どうですかこのダークに堕ちていく感じ☆

( *´艸`)





(うはーん♡)











(いつもこの最後の言葉で自分を取り戻しているのがお分かりだろうか。)














^^) _旦~~









(*´▽`*)